ミュゼのハイジニーナ脱毛:Vラインの人気の流れ

ハイジニーナ脱毛は元来、アンダーヘアを完全に脱毛してしまうことを指していました。生理やおりという、ないしは汗などでデリケイトパーツがムレたりかゆみを起こしたりすることを、そうして便所の復路も肌着不衛生や臭い入れ替わりが起きてしまうことを、アンダーヘアの徹底脱毛を通じて防ぐからです。すなわち語義の「きれい」が実現するのです。

その意味ではi系統ってo系統を完全に脱毛することは理にかなっています。ミュゼのユーザーもこういう場所は徹底脱毛が主流です。

一方でVラインは、IラインやO系統は粗筋が違うので、そんなに完全に脱毛してしまう必要はありません。美的な観点からアンダーヘアを部分的に残すのが好まれます。ミュゼまずは打ち合わせや最初の方法の時に、Vラインをどのように残すかという相談ができます。

一般的に好まれるのは、小さめの逆三角機種や卵機種とされます。これらは非常に普通様式をなしているからでしょう。一方で心持ち機種・縦長の長方形など個性的なグッズもあります。西洋ではもう一度タイトルのイニシャルなどユーザーが模様を用意して要望することもあり、今後は日本でもよりデザイン性がはびこる傾向になるのではないでしょうか。

なお模様ばかりに限らず、ママの中にはアンダーヘアの面積が広かったり剛毛ですことを引け目としている奴もありますので、こういう脱毛コースは少し浸透して赴きそうです。