ミュゼのS要素はどこからどこまで?

テレビジョンの広報で好評、知名度一番のミュゼ。
今回はミュゼの脱毛で、S部品はどこからどこまで?という疑問にお答えします。
S部品の方角は、鼻底、あご、襟足、母乳輪近く、腰、へそ近く、両手の甲という指、トライアングル冒頭、トライアングル底、Iライン、ヒップ深層、両ヒザ、両足の甲という指、の全部で13ヶ所だ。
こういう方角ではゴールにて違いはありますが、直径3センチほど〜片手取り分くらいの範囲の脱毛ができます。
方角の中にVラインが無いように見えますが、ミュゼのVラインは、トライアングル冒頭といったトライアングル底という名称でアップダウンに分かれている。
トライアングルのアップダウンは独自の透明プレートによって脱毛達するので、何より正確に領域が決まっています。
そうしたら、「何でワキがS部品に入ってないの?」と思われる方もいるかもしれませんが、それはミュゼが両ワキといったVラインに関しては、数無天井の格別方角を用意しているからです。